FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


自分に対するストレス
仕事していると、やっぱり多かれ少なかれストレスはたまるわけで。
どんなに仕事が楽しくたって、カチンときたりすることもあるわけで。

私は典型的な日本人だから、自分では日本人のいいところだと思うけど、「反省」をする。何かことが起こったときに、「もっとこうしておけばよかった」「私がもっと最初にきちんと伝えていれば」としばしば思う。

しかしながら。
特に外資系にいるからなのか、「自分は正しいことをしている、周りの人が気が利かないだけ」的な思考回路の人、外国人だけじゃなく日本人でもいる。私は「もっとAさんがこうしておけばよかったのに」とも思うけど、Aさんは「Bさんが気が利かないから」と常にこぼす。

私もめんどうくさいから、Aさんに注意したりすることもしない。
考え方の違う人、文化の違う人として、外国人のように扱ってしまう。
特にAさんが年上だったりすると、言っても変わらないだろうと最初から諦めのようなものもある。
いいのか悪いのかはわからないけど。

でも、少なからずいえることは、そういう考え方をする人は、人に対しては少しはストレスがたまっても、自分の能力の少なさに対してのストレス、そしてそこからの自分をもっとより良くしていこうっていう気持ちは少ないんだろうな。そう考えると、自分の失敗に凹んでも、次もっとうまくやるぞ、っていうパワーやエネルギーが無いのはかわいそう、なことなのかもしれない。同じところで同じように、周りの人に文句を言っていて、いつまでたっても進歩しないんだもの。
かわいそうっていうのも、人を見下しているかもしれないけど。

自分にストレスをためないほうをとるか、将来の成長につながるストレスをとるか。

自己批判の厳しい人は、もうちょっと人のせいにしてもいいかもしれない。
人のせいにばっかりする人は、もう少し自分を鑑みてもいいかもしれない。
結局はそのあたりのバランス感覚なのかな、とも思う。
スポンサーサイト


08/31. 12:26 [ life ] CM0. TB0 . TOP ▲
  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://holisticworld.blog86.fc2.com/tb.php/83-4ff5a98b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。